【追加画像・補足説明その1】VT250 スパーダ改 ガルアーム仕様

【ご注意】【Microsoft Edgeで画像がぼやけて表示される場合】
1.ブラウザー右上の設定ボタン「・・・」から、「設定」を選ぶ。「
システムとパフォーマンス」から、「使用可能な場合はハードウェア アクセラレータを使用する」をオフにしてブラウザを再起動する。
2.ブラウザー右上の設定ボタン「・・・」から、ズーム(拡大・縮小)の比率を変更する。
(参考までに、マイPCはアクセラレータオフ、ズーム110%以上にしないと画像が正常表示されません)

車両紹介(以下長文)

スパーダ+ガルアーム(NSR250足周り)は特に珍しいカスタムではないと思いますが、ネットの写真など見ていると、極端に車高(シート高)が上がってしまって「あれ?」という車両も中にはあります。
リンクプレートとリアショックに何を使うか(どの車種のものを流用するか)?、リアショックの角度はどうするか?で高さは決まってしまうので、最初から「不自然に車高が上がらないように」「できるだけ普通に見えるように」と意識して作っています。

NSR250Rの足周りが前後共そのまま入っています。
ホイールは艶消しラッカーで塗ってたと思いますが、全体的にスレ・キズあります。

VTZ250のエンジンです。
VTRより1速多い6速です。
エンジンはラッカー黒で塗装してありますが、サビ・腐食あります。

塗装後無転倒なのでキレイですが、3度目の塗装なので、下地のガラが浮いてきてしまっています。写真には写りませんが、2度目の塗装の時のホンダロゴがうっすらと残っていたりします。実車をよく見ると分かります(現在入っているロゴと若干ずれた位置です)。バフがけで少しは目立たないようにできるかもしれませんが、細かなことが気になる方は入札ご遠慮ください。
消えるかわかりませんが、バフは後でちょっと試してみます。

社外のトップブリッジに干渉するため、タンクはノーマル位置より2~3cm後ろにずらしてあります。

ハンドルは結構高いです。
手が短いのか?ハンドルまでが結構遠くて疲れるので長めにしてあります。

シートは社外品です。破れありません。

出品にあたり、ノーマルマフラーに変更しています。
サビ・キズ・スレなどありますが、目立つ大きなキズはありません。良品と思います。

ちなみに元々ついていたマフラーはこちら(↓)です。
マフラー以外に、リアスプロケット、ハンドル周り、ステップ、ラジエターホースの取り回しなどが違います。

【ひっくり返る前に!】自分のバイクを撮影しておきました!

 

ガルアームのリンクプレートは自作品、リアショックはCBR600Fのものを加工しています。 

サイドカバーのラップ柄を撮影したものです。
キズ隠しでステッカーを貼っていたわけではないんですが、ちょうどステッカーの真下あたりに、下地のガラウキがあります。

 

【追加画像・補足説明その2】VT250 スパーダ改 ガルアーム仕様
塗装の詳細は以前公開しています。結構細かく書いています。 タンクは当方の「アスティス」ロゴが入っています。 張替シートを別角度から。 ...
タイトルとURLをコピーしました