錦糸町~話題はプラスチック!

錦糸町にて友達とランチ。

海外をアチラコチラと飛び回っている人で、なかなか日本にいないので、なんと2年ぶりの会食となりました。長年フィギュア製作に携わっている人で、同一素材(つまりレジン)を取り扱っている関係上、当然話題はプラスチック!

フィギュアはプラスチックの塊りなので、当然自分とは作成方法も工程も違うんですが、「モノ作り」のこだわりは物凄い。

一番面白かったのは、ヒケの話。つまり、硬化の段階で製品が痩せてしまうこと。丸顔のフィギュアが、ヒケて卵型になってしまうとか、それを回避するためにフィギュアの顔だけで何分割かに分けてカタを取ったりするんだとか。「そのくらいのコダワリは普通ですよ」と。

目の話も面白かった。フィギュアはもう「目」で全部が決まる、数百人規模の工場でも、目を描ける職人はひとりかふたりで、ものすごい貴重、高給取りなんだと。特にフィギュアは「飾って楽しむためのモノ」なので、相当な精度が要求されると。

話を聞いていると、本当に細かなところまで神経使って作っているのが良くわかります。総じて「製品は期待以上のモノでなきゃダメ」「自分がワクワクするモノでなきゃダメ」。それこそが売れる秘訣だそうです。

貴重な話をありがとうございます。楽しかったです。
いつもご馳走になってばかりでスミマセン!

また日本に戻ってきた際は、ご一緒しましょう!

タイトルとURLをコピーしました