【手加減無用】自分のバイクを本気で塗装してみる!【第6回】~ラップ塗装

ラップ塗装前の下準備

下地の発色を良くするために、(プラサフ後に)ウレタン塗料のホワイトを吹いています。本当に軽くしか吹いていないので、ツヤありません。

そしてここで、自作のフロントフェンダー&リアフェンダー(自社製品)が登場です!

ラップ塗装というくらいなので、もちろんサランラップでいいんですが、モノが大きいので今回は「ポリ袋」でやります。丸めて、クシャクシャにしておきます。

ラップ塗装本番!!!

ラップ塗装は、自分的に、結構時間との戦いみたいなところがあるので、途中で撮影ができません、スミマセン。

ラップ塗装のやり方としては・・・

1. 薄めにした塗料で一気に塗りつぶす
(タンクなどの大物は2~3回に分けてやります)
この時、できるだけ、ムラなく塗るのがキレイに仕上がるポイントです。

2. ラップをかぶせる
抑え残しが無いように(特にエッジ部分)、入念に全体を手で抑えます

3. ガラが浮き出てくるのが見えるので、自分の好みのところで「一気に」剥がす!
「一気に」がポイントです。ラップを貼り付けている時間が長くなる程、塗料でくっついてしまうので、一気に剥がします。躊躇すると、変なシワが入って汚くなります。

ちなみに今回のガラ入れは、黒っぽいシルバー(メタリック)を使用しています。

下地とガラは何色の組み合わせでも良いんですが、上から色を重ねる塗装方法なので、シルバー(メタリック)ベースの方が最終的な仕上がりがキレイです!

【手加減無用】自分のバイクを本気で塗装してみる!【第7回】~ステッカーで文字入れ
ステッカーをパソコンで作成 タンクとサイドカバーに入れる文字をパソコンで作成します。 タンクに入れる文字は前回の塗装時と同じですが、銀文字で白の縁取り(...

 

タイトルとURLをコピーしました