XMAX 走りとスタイルのMAXシリーズ、ミドルクラスの250ccスクーター!

XMAXは、2018年1月に発売された250ccの軽二輪スクーターです。運動性能が高く、スタイルも抜群、街乗りでもツーリングでも大活躍の車両です。

今も進化を続けるXMAXの、特長と歴史を解説しました。

目次

XMAXの特長

謎のお兄さん

NMAX、TMAXときて・・

アスティス

今日はXMAXのお話です。

稀少な250ccスクーター

250ccクラスのスクーターは、今では本当に少なくなりました。スクーターといえば125cc・155ccが主流で、次いでTMAX560(ヤマハ560cc)やX-ADV(ホンダ750cc)という大排気量モデル。ミドルクラスのスクーターがほとんど存在していません。

アスティス

パッと思い浮かぶのはフォルツァくらい・・(ホンダ250cc)

125ccじゃ小さくてパワー不足、かといって大排気量モデルは維持費も高いし敷居も高い。そんなライダーにぴったりなのが、このXMAXなのです。小柄なボディで街乗りも楽々、安定したパワーで高速走行も快適です。

MAXシリーズの血統

TMAXの記事でさんざん書きましたが、MAXシリーズの一番の特長は、その運動性能です。

剛性の高いフレーム、テレスコピック式フロントフォーク、前後ディスクブレーキ、トラクションコントロールなど、通常のオンロードスポーツと同等の装備を搭載しているので、街乗りでもワインディングでも、どこでもストレスなくキビキビ走ることができます。

もちろんこれらの装備は、XMAXでも標準搭載となっています。

謎のお兄さん

MAXシリーズでたびたび出てくる「テレスコピック式フロントフォーク」って何?

アスティス

トップブリッジとアンダーステムの2点でフロントフォークを支える形式で、安定性や操縦性が高いのが特長です

アスティス

普通のスクーターはアンダーステムだけでフォークを固定しているため、剛性や安定性の面で劣ります

XMAXの歴史

2018年1月 発売【2BK-SG42J】

加速性能と環境性能を両立したBLUE COREエンジンを搭載。走り重視の足回りです。

  • BLUE COREエンジン搭載
  • 新設計フレーム
  • テレスコピック式フロントフォーク
  • トラクションコントロール
  • ABS標準装備

フロント周り・リア周りは、LEDライトで「X」をイメージ。ハンドルやシールドは位置調整できるようになっています。

便利機能も盛りだくさんです。

  • 大容量シート下トランク(45L)
  • フロントトランク
  • マルチファンクションメーター(LCD)
  • スマートキー
  • DCジャック
謎のお兄さん

メーター周りがホントにカッコイイ!

アスティス

テンションが上がるように作りこんでるよね

その後しばらくはカラーチェンジが続きます。マットカラー(ツヤなし)のモデルが主流となります。

アスティス

オシャレでワイルド!

2021年7月 仕様変更【8BK-SG70J】

2021年の仕様変更では、排ガス規制に対応しています。

  • 排ガス規制対応(平成32年度)
  • 型式変更(2BK-SG42J→8BK-SG70J)

2023年10月 モデル変更【8BK-SG70J】

2023年には、6年ぶりのモデル変更となります。車体デザインが一新されています。

謎のお兄さん

デコ周りが全然違う

アスティス

デコ周りって言うな(# ゚Д゚)!

  • 新デザイン
  • 新型シート(足つき性向上)
  • 可変スクリーン(低・高)
  • オールLED
  • スマホ連携機能
  • 新型2画面メーター
  • 新型ブレーキレバー(操作感向上)
  • 新型ミラーステー(アルミ製)

新型・2画面構成メーター

メーターは上下2画面で構成され、上部がスピード・トリップ・ガソリン残量を表示するメインディスプレイ(3.2インチ)、下部がインフォテイメントディスプレイ(4.2インチ)となっています。

スマホアプリと連携することで、メールや通話の着信を表示したり、ナビゲーションとして利用することができます。

動画がわかりやすいのでリンクしておきます。

謎のお兄さん

近未来的だなあ・・

アスティス

クルマの装備に近づいていってるよね

XMAXの主要スペック【8BK-SG70J】

2023年10月モデル(XMAX ABS)の主要スペックを記載しました。

TMAX560は、水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒、総排気量249cc、最高出力23ps/7000rpmのエンジンを搭載しています。タイヤサイズはフロント15インチ、リア14インチです。

タイプグレード名XMAX ABS
発売日2023年10月
発売当時価格(税込み)715,000円
型式8BK-SG70J
原動機型式G3P9E
エンジン水冷4ストロークSOHC単気筒4バルブ
総排気量(内径×行程)249cm3(70.0mm×64.9mm)
最高出力23ps/7000rpm
最大トルク2.4kgf-m/5500rpm
全長×全幅×全高2,180mm/795mm/1,410mm
シート高795mm
ホイールベース1540mm
車両重量(乾燥)181kg
燃料タンク容量13L
燃料消費率41.1km/L
タイヤサイズ(フロント、リア)120/70-15、140/70-14
制動装置形式(前/後)油圧式シングルディスク/油圧式シングルディスク
サスペンションテレスコピック/ユニットスイング
フレーム形式バックボーン

※年式や仕様により、若干ですが数値が変わります。

謎のお兄さん

TMAX560と比べると半額近い!!

アスティス

TMAX560は別格!最強マシンだから!

売るのも買うのも!バイク王!

  • 創業29年の実績!
  • 取扱台数200万台突破!
  • 24時間365日対応可能!
  • 出張料・査定料無料!
  • 買替え・乗換えもOK!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

バイク業界歴20年。三級二輪整備士。オークション会場でオートバイを見て歩くのが大好き。何かマニアなネタを提供できないか模索中。

コメント

コメントする

目次