TMAX【3】あらゆるものが電気制御!近未来化したTMAX560!現行モデルはスタイル抜群!

目次

これまでのTMAX

TMAX500

TMAX530

TMAX560の歴史

2020年5月 発売

TMAX560は、TMAX530の後継機として、2020年5月に発売されました。

  • 新設計561cm3エンジン
  • 排ガス規制をクリア
  • 新デザイン
アスティス

再びシリンダーボアが2mm拡大。排気量が561ccにアップ!!

吸排気系やバルブの見直しにより、中高速域の加速特性が向上、パワフルで余裕のある走りとなりました。カウル類はデザインが一新、ヘッドライト・ウインカー・テールランプの形状なども変更されています。

アスティス

テールランプはTMAXの「T」!

2種類のラインアップ

TMAX530の最終型で設定されていたSX(スタンダード仕様)、DX(デラックス仕様)は、以下のとおり名称を変えて継続となりました。

DX→「TMAX560 TECH MAX ABS」
SX→「TMAX560 ABS」

TECH MAXの追加機能は以下のとおりです。従来のDXモデルと変わりありません。

  • クルーズコントロールシステム
  • 電動調整式スクリーン
  • グリップウォーマー
  • シートヒーター
  • 調整機能付きリアサスペンション

2022年6月 仕様変更

2022年には仕様変更が行われ、外装デザインが一新されています。

アスティス

コレ!やっぱりコレ!コレがイイ!!

謎のお兄さん

すごいカッコよくなった!!

仕様変更は以下のとおりです。よりスポーツライド向けの仕上がりになっています。

  • 軽量ホイールの採用(SPINFORGED WHEEL)
  • 新タイヤの採用
  • サスペンションのセッティング変更(硬め)
  • ライディングポジションの変更(前傾気味)

ライディングポジションは、シート・ステップ・ハンドルの3点を一新するという念の入りよう。

更に。

アクセルケーブルの廃止(APSG:Accelerator Position Sensor Grip)

謎のお兄さん

ケーブル無いんだ!!!

アスティス

もはやアクセルすら電子制御の時代・・

いろいろなものが近未来的になっています。

  • 電動タンクキャップ
  • 電動ステアリングロック
  • 電動シートオープン
  • エンジンワンプッシュスタート
  • 7インチ高輝度TFTメーター
  • スマホアプリとの連携
謎のお兄さん

これは一度実車を見に行かないと!

アスティス

今度見てきてレポートします・・

TMAX560の主要スペック【2BL-SJ15J】

2022年6月モデル(TMAX560 TECH MAX ABS)の主要スペックを記載しました。

TMAX560は、水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ、総排気量561cc、最高出力48ps/7500rpmのエンジンを搭載しています。

アスティス

初代TMAX500から10psも最高出力が向上!

謎のお兄さん

スクーターとは思えないスポーツ仕様!

タイプグレード名TMAX560 TECH MAX ABS
発売日2022年6月
発売当時価格(税込み)1,551,000円
型式8BL-SJ19J
原動機型式J420E
エンジン水冷4ストロークDOHC2気筒4バルブ
総排気量(内径×行程)561cm3(70.0mm×73.0mm)
最高出力48ps/7500rpm
最大トルク5.7kgf-m/5250rpm
全長×全幅×全高2,195mmx780mmx1,415mm
シート高800mm
ホイールベース1575mm
車両重量(乾燥)218kg
燃料タンク容量15L
燃料消費率31.7km/L
タイヤサイズ(フロント、リア)120/70R15、160/60R15、ラジアル
制動装置形式(前/後)油圧式ダブルディスク/油圧式シングルディスク
サスペンションテレスコピック/スイングアーム(リンク式)
フレーム形式ダイヤモンドフレーム

※年式や仕様により、若干ですが数値が変わります。

売るのも買うのも!バイク王!

  • 創業29年の実績!
  • 取扱台数200万台突破!
  • 24時間365日対応可能!
  • 出張料・査定料無料!
  • 買替え・乗換えもOK!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

バイク業界歴20年。三級二輪整備士。オークション会場でオートバイを見て歩くのが大好き。何かマニアなネタを提供できないか模索中。

コメント

コメントする

目次