TMAX【1】元祖オートマチックスポーツ!TMAX500の特長と歴史!強力な運動性能の秘密に迫る!

TMAXというビッグスクーターを知っていますか?

TMAXは、はるか昔の2001年、500ccというケタ外れの大排気量エンジンを搭載して登場しました。スクーターの手軽さ便利さはそのままに、ロングツーリングもワインディングも楽しめる車両として開発されました。

「オートマチックスポーツ」という新ジャンルを生み出し、今も進化を続けるTMAXの、特長と歴史をたどります。

目次

TMAXの特長

謎のお兄さん

今回の気になるバイクは?

アスティス

ヤマハのビッグスクーターTMAXです!

TMAXの登場は古く、2001年までさかのぼります。発売当時は、フォルツァやマジェスティといった250ccビッグスクーター最盛期の時代。まさにその真っ只中、500ccという常識はずれのエンジンを搭載したTMAXが登場し、話題をかっさらっていきました。

スクーターの利便性・快適性はそのままに、高速走行や長距離ツーリング、ワインディングも楽しめる車両として開発され、通常のオンロードスポーツと同様のサスペンションを装備(スイングアーム&テレスコピック型フロントフォーク)。更に、鋼管ダイヤモンドフレーム、アルミキャストホイール、大径ディスクブレーキなどを装備し、他スクーターとは一線を画す運動性能を実現。「オートマチックスポーツ」という新ジャンルを切り開きました。

幾度ものモデルチェンジが行われ、排気量の増加に伴い、TMAX530、TMAX560と進化してきました。丸みのあるデザインで登場した初代モデルも、今ではシャープでスタイリッシュ、ワイルドで精悍なスタイルに変わっています。

発売から20年以上経った今も、現行モデルとして活躍しています。

アスティス

現行モデルのイカつさにホレボレします・・

TMAX500の歴史

まずは初代TMAX500(総排気量499cc)の歴史を紹介します。

2001年8月 発売【BC-SJ02J】

TMAXは2001年8月に発売されたビッグスクーターです。250ccのビグスクが全盛期の時代、500ccの大排気量エンジンを搭載したTMAXは、周囲の度肝を抜きました。大柄な車体とイエローのボディが印象的でした。

アスティス

外観は、R1をイメージしたフロントマスクと、ブーメラン型のサイドパネル(中央)が特長です。

2005年 仕様変更【BC-SJ04J】

2005年には、初のモデルチェンジとなりました。

謎のお兄さん

ダブルディスクなだけで印象が変わる!

仕様変更は以下のとおりです。スポーツ性能が向上しています。

  • フューエルインジェクション(FI)に変更
  • ダブルディスク化
  • フォーク径の変更(38→41パイ)
  • ラジアルタイヤに変更
  • 二眼メーターに変更(タコメーター追加)
  • パーキングブレーキ

2005年には、ツートンシートやメタル風サイドカバーを装着したハイクラスモデル、「TMAX SPECIAL」が発売されています。

アスティス

以後はカラーチェンジが続きます・・

2008年7月 仕様変更【EBL-SJ08J】

2008年には大きな仕様変更が行われています。

謎のお兄さん

カッコよくなった!!

  • 新設計アルミフレーム
  • カウルデザインの変更
  • シート形状の変更
  • スクリーン形状の変更
  • マフラー変更
  • タイヤサイズの変更(14→15インチ)
  • フォーク径の変更(41→43パイ)
  • キャリパーの変更(2→4ポット)
  • シート開閉方式の変更
  • 燃料タンクの増量(14→15L)

アルミフレームの採用により、車体の剛性が向上しています。

タイヤのインチアップに伴い、ステムやフロントフォークの形状が変更され、セットアップ(オフセット、キャスター角、トレールなど)も変更されています。操縦性や直進安定性が向上しています。

2009年11月 限定モデルが登場

2009年には、TMAXのデビュー10周年を記念した限定モデルが発売されています。その名も「WHITEMAX」。

外装がツートンなのはもちろん、ツートンシート、ツートンホイールが採用されています。ハンドル周りのカーボン柄、専用エンブレムなどラグジュアリーな仕上がりになっています。期間限定で受注生産されました。

2011年7月 限定モデルが登場

2011年には、WGP(motoGP)参戦50周年記念モデルが発売されています。赤×黒×白のヤマハワークスカラー(ストロボカラー)が採用されています。こちらも期間限定の受注生産でした。

謎のお兄さん

このカラー欲しい!!!

アスティス

この後は特に大きな仕様変更は行われず、TMAX530にバトンタッチします。

TMAX500の主要スペック

2008年7月モデル(3代目・TMAX500)の主要スペックを記載しました。

TMAX500は、水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ最高出力38ps/7000rpmのエンジンを搭載していました。

 TMAX500【SJ08J】
発売日2008年7月
発売当時価格(税込み)不明
型式EBL-SJ08J
原動機型式J408E
エンジン水冷4ストロークDOHC2気筒4バルブ
総排気量(内径×行程)499cc(66mm×73mm)
最高出力38ps/7000rpm
最大トルク4.5kg-m/5500rpm
全長×全幅×全高2195mm x775mmx1445mm
シート高800mm
ホイールベース1580mm
車両重量(乾燥)222kg
燃料タンク容量15L
満タン時航続距離375.0km
タイヤサイズ(フロント、リア)120/70R15、160/60R15、ラジアル

※年式や仕様により、若干ですが数値が変わります。

売るのも買うのも!バイク王!

  • 創業29年の実績!
  • 取扱台数200万台突破!
  • 24時間365日対応可能!
  • 出張料・査定料無料!
  • 買替え・乗換えもOK!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

バイク業界歴20年。三級二輪整備士。オークション会場でオートバイを見て歩くのが大好き。何かマニアなネタを提供できないか模索中。

コメント

コメントする

目次