XJR400R【1】「空冷最速ネイキッド」を目指し、完全なスポーツ仕様で登場!

ゼファー400やCB400SFの登場でネイキッドブームが盛り上がる中、一足遅れてヤマハからも400ccのスポーツモデルが販売されました。

「空冷最速ネイキッド」を目指して、開発・設計されたXJR400。その歴史を振返りました。

目次

XJR400の発売

1993年3月、XJR400Rの前身となる「XJR400」が発売されました。

XJR400は「空冷最速ネイキッド」を目指し、新規にエンジンから開発・設計されています。エンジン出力は上限いっぱいの53ps/11000rpm。足回りを固め、最初から完全なスポーツ仕様で登場しました。

  • 極太フロントフォーク(41パイ)
  • 大径ディスクローター(直径300mm)
  • アルミスイングアーム
  • サブタンク付きリアショック
  • 前後17インチタイヤ

1994年にはオーリンズのリアショックを搭載したモデルが発売(XJR400S)、1995年にはオーリンズショックとブレンボキャリパーを標準搭載したXJR400Rが登場しました。

アスティス

しばらくはXJR400とXJR400Rが併売されていました!

XJR400Rの歴史

1995年2月 XJR400R発売

XJR400Rは、オーリンズのリアショック、ブレンボのキャリパーが標準搭載されました。

謎のお兄さん

ゴールドのアクセントがカッコイイ!

1996年3月 仕様変更

ヤマハ独自の衝撃吸収材「ワイラックス」を内蔵したシートに変更されました。シート高は10mmのダウンとなり、足つき性が向上しています。

1998年6月 仕様変更

1998年には、大きく外観がチェンジされています。

謎のお兄さん

全然違うバイクに見える!!

アスティス

ここまで一気に変身するバイクもなかなか無いよね・・

従来のモデルは、おとなしめなレトロ調デザインでしたが、その外装を一新。XJR1300のようなスポーティな外観に変更されました。サイドカバーからテールカウルまで、勢いよく跳ね上がったデザインになっています。

ガソリンタンクは20リットル入りに変更され(2リットル増量)、ビッグバイク並みのサイズになりました。

メーターも、トリップや時計機能が付いた電気式スピードメーターにバージョンアップしています。

2001年4月 仕様変更

2001年には、構成部品およそ250点の見直しが行われ、全面的な改良となりました。

  • キャブレター変更
  • マフラー変更
  • 前後キャリパー変更
  • ラジアルタイヤに変更
  • シート表皮変更(ディンプル加工)
  • 型式変更【4HM→BC-RH02J】

もともと完成していた足回りが更に強化され、より精悍でスポーティになりました。

2003年12月 仕様変更

盗難防止装置(イモビライザー)の搭載

謎のお兄さん

400ccネイキッドは本当に盗難が多いです・・

ラインアップはものすごくゴージャスで、ストロボデザイン2色と、XJ400風のカラーの3タイプとなっています。

謎のお兄さん

XJカラーがカッコイイ!

アスティス

個人的にはストロボが好き!

2007年1月 最終モデル

2007年には最終モデルが発売になっています。ヤマハらしい、お洒落で大人なデザインで、有終の美を飾りました。1993年のXJR400登場から、およそ14年の歴史を刻みました。

XJR400Rの主要スペック

XJR400Rは、空冷並列4気筒DOHC4バルブのエンジンを搭載し、総排気量399cc、最高出力53ps/11000rpmのエンジンを搭載していました。

以下は、1995年2月に登場した初代「XJR400R」のスペックです。年式・仕様により若干数値は異なります。

 XJR400R
発売日1995年2月
発売当時価格579,000円(?)
型式4HM
原動機型式H501E
エンジン空冷4ストローク4気筒DOHC4バルブ
総排気量(内径×行程)399cc(55mm×42mm)
最高出力53ps/11000rpm
最大トルク3.6kg-m/9500rpm
変速機6速リターン
全長×全幅×全高2075×735×1080mm
シート高770mm
ホイールベース1435mm
車両重量(乾燥)178kg
燃料タンク容量18L
タイヤサイズフロント:110/70-17 リア:150/70-17

売るのも買うのも!バイク王!

  • 創業29年の実績!
  • 取扱台数200万台突破!
  • 24時間365日対応可能!
  • 出張料・査定料無料!
  • 買替え・乗換えもOK!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

バイク業界歴20年。三級二輪整備士。オークション会場でオートバイを見て歩くのが大好き。何かマニアなネタを提供できないか模索中。

コメント

コメントする

目次