NMAX125 最先端装備は当たり前!デザインで選ぶならやっぱりヤマハ!!

2016年に発売されたNMAXは、ヤマハ「MAX」シリーズ(TMAX・XMAX)の一員としてデビューしました。スマートキーや液晶メーター、トラクションコントロールやABSなど、最先端の機能を装備しています。

2021年のモデルチェンジでは、ヤマハらしい、お洒落で大人なスタイルに変更されています。その流れを追いました。

目次

NMAXの歴史

2016年3月 発売

NMAXは、2016年3月に発売された125ccの原付二種スクーターです。「MAX」シリーズ(TMAX・XMAX)の走行性能やスタイルを、そのまま受け継いだモデルとなります。

優れた燃焼効率や冷却性能をもつ「BLUE CORE(ブルーコア)」エンジンを搭載しています。

NMAXの特長は以下のとおりです。

  • VVA(可変バルブ)機構(※)
  • 高剛性のフレーム
  • 前後13インチタイヤ
  • 前後ディスクブレーキ
  • ABS標準装備
  • LEDヘッドライト&テールランプ
  • 液晶メーター
  • シャッター付きキーシリンダー
  • スプリング付ヒンジシート(開けた状態を維持)

(※)低中速側と高速側(6000回転以上)で吸気バルブのリフト量を切替えることで、全域でのトルクや加速感を向上しています。

2017年8月 仕様変更

排ガス規制に対応(平成28年規制)

モデル名にABSが付いて、「NMAX ABS」という名称になりました。

アスティス

ABSは発売当初から標準装備でしたが、急に改名しました!

2019年6月 快適セレクションモデル

カラーチェンジと共に、ハイスクリーン・リアキャリア・トップケース(39L)がセットになった「快適セレクションモデル」が登場しました。

謎のお兄さん

これ、便利すぎて止められないヤツですよね・・

2021年6月 フルモデルチェンジ

デザインが大きく変更され、シャープで精悍なスタイルになりました。

仕様変更は以下のとおりです。

  • スタイリング変更
  • トラクションコントロール搭載
  • 「Smart Motor Generator system」(静かな始動)
  • アイドリングストップ
  • 新型フレーム
  • サスペンションのセッティング変更
  • 軽量キャストホイールの採用
謎のお兄さん

トラクションコントロールってなんですか?

アスティス

雨天や悪路でリアタイヤが滑りそうな場合、点火時期や燃料を自動で制御。走行を安定させる機能です

その他、ユーザーの利便性を上げるための機能が追加されています。

  • スマホ専用アプリでの操作(着信通知や燃費管理)
  • 12V電源装備(シガーソケット)
  • LED6灯ヘッドライト
  • フル液晶メーター
  • スマートキー
謎のお兄さん

なんだか最先端!!

アスティス

その後は仕様変更はなく、カラーチェンジが続いています

NMAX125の主要スペック

2021年6月(モデルチェンジ後)の主要スペックを記載しました。年式・仕様により若干数値は変更があります。

 NMAX125【JF28】
発売日2021年6月
発売当時価格(税込み)368,500円
型式8BJ-SEG6J
原動機型式E32TE
エンジン水冷4ストロークOHC単気筒4バルブ
総排気量(内径×行程)124cc(52mm×58.7mm)
最高出力12ps/8000rpm
最大トルク1.1kg-m/6000rpm
全長×全幅×全高1,935mm x740mmx1,160mm
シート高765mm
ホイールベース1340mm
車両重量(乾燥)131kg
燃料タンク容量7.1L
燃料消費率48.7km/L
タイヤサイズ(フロント、リア)110/70-13、130/70-13

売るのも買うのも!バイク王!

  • 創業29年の実績!
  • 取扱台数200万台突破!
  • 24時間365日対応可能!
  • 出張料・査定料無料!
  • 買替え・乗換えもOK!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

バイク業界歴20年。三級二輪整備士。オークション会場でオートバイを見て歩くのが大好き。何かマニアなネタを提供できないか模索中。

コメント

コメントする

目次