ライトエースの車検と構造変更【1】その実態と交付書類

2024年3月17日

私のライトエースは、ルーフキャリア(+ソーラーパネル)の設置で高さが変わり、2024年2月の車検で構造変更、「1」ナンバーになりました。

「構造変更」という言葉は耳にしても、実際に行っている人は少なく、具体的に何がどうなるのか、あまり知られてはいません。

この記事では、少し専門的な話となりますが、「クルマの構造変更」について解説します。イメージしやすいように、実際に車検時に公布された書類も公開しました。ユーザー車検時の様子と、「構造変更の謎めいた実態」を詳しくご紹介します。

ソーラーパネルの取り付けを検討している方には、予備知識として参考になると思います。ぜひ読んでみてください。

ライトエースにソーラーパネルを取り付け

「構造変更」とは何か

改造に伴う新規検査のこと

「構造変更」とは、車両の寸法や乗車定員が変わった場合に、必ず受けなければならない新規検査のことを指します。

具体的には、エアロパーツやルーフキャリアで幅や高さが変わった場合、荷室を広げるためにリアシートを外した場合などが、構造変更に該当します。

結局は「改造」ですが、車検で認められる構造変更は限られており、保安基準内での軽微な変更だけとなっています。

構造変更のタイミング

構造変更は、車検が切れる直前に行われることが多いです。構造変更は「新規検査」なので、車検満了日が変わってくるからです。

具体的には私のライトエースの場合、毎年3月7日が車検満了日となっていましたが、今回2月22日に構造変更を行ったので、今後の車検満了日は2月22日になります。今回の車検は、2週間ばかり期間が短くなっているのです。

特別に用意する書類は無い

構造変更だからといって、特別に用意する書類はありません。「車検証」と「自賠責保険の証書」を用意しておけばOKです。

ライトエースの構造変更検査

車両はそのままの状態

構造変更時には、「中の荷物を全部下ろさなければならない」と言われたりもしますが、私の場合は、そのまま車検ラインに入りました(ユーザー車検)。自分が登録したい状態です。

  • ルーフキャリア装着
  • ソーラーパネル装着
  • ベッド付き
  • 棚付き
  • ポータブル電源付き
  • デスクトップPC付き(謎)
  • カーテン付き
  • 備品付き(水や食料、雑誌など)

その時の車両の様子。全部積んだままのフル装備です。

通常の継続検査

まずは継続検査のラインです。

電装品の確認が終わった時点で、「ルーフキャリアで高さが変わっていること、外さないと1ナンバーになること」を指摘されました。

私は装備を変更する予定がないので、「このまま登録したい」旨を伝えました。

構造変更は、口頭で申請するだけなのです。

新規検査(構造変更)

スピードメーター、ブレーキ、ヘッドライトなどの継続検査が終了した後、改めて新規検査用(構造変更)のラインに入ります。

新規検査のラインに入る前に、なぜかスペアタイヤを外すように指示されました。車重を測り直すとのことでしたが、他の装備類はそのままなので、「なぜスペアタイヤのみ?」と最後まで疑問が残りました。いまだによく分かりません。

新規検査のラインで、車両の高さや、前後の軸重を測り直してもらい、追加の検査手数料400円を支払って終了です。

「構造変更は複雑で大変」といわれますが、実際にやってみると、ものすごく簡単です。

あくまで個人的な感想ですが、「え、それだけ?!」という感じでした。

実際に交付された書類

実際に交付されたライトエースの書類です。

構造変更前の車検証

赤枠が重要な変更箇所です。

変更前は、小型貨物=「4ナンバー」です。

ライトエース車検、構造変更時の実際の書類

構造変更後の車検証

変更後は、「普通貨物」=「1ナンバー」です。

ライトエース車検、構造変更時の実際の書類

重要な変更点をまとめておきます。

  • 種別が小型貨物→普通貨物
  • 乗車定員が5名→2名
  • 高さが188cm→208cm
  • 後後軸重が610kg→750kg
  • 最大積載量が750kg→600kg

「4」と「5」はセットです。後後軸重が変わることで、最大積載量が変更になります。実はこの「最大積載量」で、予想だにしないアクシデントが起こります。詳しくは次の記事で解説しています。

ユーザー車検に慣れていないと難しい?

個人的には、ユーザー車検に慣れているので、特別難しい作業ではありませんでした。

ただ、一度も車検のラインを通ったことがない人だと、厳しいかもしれません。

自分でラインを通すのは、想像以上にプレッシャーですし、検査官に「いや高さがちょっと・・リアシートも無いよねえ」などと言われたら、ひるんでしまうのが普通だと思います。

「4ナンバーのまま、しかもソーラーパネルは付けたまま、構造変更しないまま」が本当は一番の理想です。

次の記事では、ライトエースを「1ナンバー」にしたことでのデメリット、今後の改善点などを詳しく書きました。ぜひ合わせて読んでみてください!

「やっぱり大がかりな変更はしたくない・・」と思った方には、持ち運び式のソーラーパネルがお勧めです(^^♪。

  • この記事を書いた人

サンダー高崎

DIYで車にソーラーパネルを設置。真冬の車中泊で電気毛布と電気ケトルを乱用する中、繰返し行われる充電を目の当たりにし、ソーラーパネルの威力に驚愕する。以来、「ポータブル電源はソーラーパネルとセット!」が持論。最近は防災に関心がある。三級二輪整備士。

-クルマの電化